Yahoo!カテゴリ登録サイト
アロマ検定独学合格メニュー
おすすめ教材
1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集
1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集 (JUGEMレビュー »)
長谷川 由美
この1冊で十分!日本アロマ環境協会発行の最新公式テキスト(’11年6月改訂版)に完全対応。
新着コンテンツ
RECENT COMMENT
OTHERS
           

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

ラベンダー:アロマテラピー2級検定対象精油

ラベンダー
これも良く目にするハーブです。
ポプリや香りのグッズで紫色の物は、ラベンダーのことが多いですね。

北海道の富良野でも精油が作られていることもあり、北海道のお土産と言えば、ラベンダーというイメージがあります。

語源は、「洗う・青みががった鉛色」から来ています。

フランスの科学者である、「ルネ・モーリス・ガットホセ」がラベンダー精油で火傷を治療したと言われています。
ちなみに、アロマテラピーという造語を作りました。

******************************
ラベンダー(lavendula angustifolia, lavendula officinalis)
科名:シソ科  
使用部位:葉と花
抽出方法:水蒸気蒸留法

<成分>
・酢酸リナリル
・リナロール
・ラバンジュロール

<特徴>
◎鎮静作用に優れる
◎消毒・殺菌、抗ウイルス作用

******************************
ラベンダーの私メモ

<香り>
・手軽に入手できる香りではあるが、個人的にはあまり好みではない。
・ポプリのイメージが強いので乾燥した花のイメージが浮かぶ
| アロマテラピー検定試験2級の対象精油10種 | comments(0) | trackbacks(0) |

ペパーミント:アロマテラピー2級検定対象精油

ペパーミントなじみの深いペパーミントです。
デザートやカクテルにちょっと飾られていることも多いと思います。
生の葉はそれほど香りも強くないのですが、精油になると、香りも強力です。

******************************
ペパーミント(mentha piperita)
科名:シソ科  
使用部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法

<成分>
・メントール
・メントン
・イソメントン
・1.8-シネオール

<特徴>
◎頭脳明晰
◎毒素排泄、腎臓の排泄作用UP
◎偏頭痛、鼻づまりに
◎胃腸の不調に
◎ジェットラグに
×皮膚刺激があるので、低濃度で

******************************

ペパーミントの私メモ

<香り>
・THE ハッカ(笑)
| アロマテラピー検定試験2級の対象精油10種 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< / 2/5PAGES / >>