Yahoo!カテゴリ登録サイト
アロマ検定独学合格メニュー
おすすめ教材
1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集
1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集 (JUGEMレビュー »)
長谷川 由美
この1冊で十分!日本アロマ環境協会発行の最新公式テキスト(’11年6月改訂版)に完全対応。
新着コンテンツ
RECENT COMMENT
OTHERS
<< 香りの嗅ぎ分け試験の実施方法について | main | アロマテラピー検定1級に合格しました! >>
           

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

香りの嗅ぎ分け試験の勉強方法

香りの嗅ぎ分けは、苦手としていたり、そう力を入れてない方も
いらっしゃるかも知れませんが、せっかく受ける試験、
せっかくだから香りのテストも楽しんでみてはいかがでしょうか?

ここでは何度も出てきていますが、試験対象精油として私が使ったのは
「アロマテラピー検定セット1&2級」
アロマテラピー検定セット中身のレポートはここをクリック

一回は、香りを知らない精油を一種類ずつ数日に分けて
漂わせてみました。
そして、試験日数日前は、全部の香りを当ててみようテストという、一度に20種類を嗅ぐ、嗅覚泣かせなことをしていました(笑)

別に一度に全部しなくても、数種類だけとかして良いんですけどね、
全問正解したら気持ちいいだろうな〜という、
なんとも安易な発想から始めた力試しでした・・・

まず、準備は、
1級の精油の瓶のキャップには[1]、2級のには[2]と全部書いて、
精油が入っている土台には、それぞれの精油の下に精油名を書くだけ。

あとは、全部の精油の瓶を外して一箇所に集めて、ミックスして、
無造作に取り出し、匂いを嗅いだら、
思い当たる名前がある土台に置いていく。

どうしても分からなければ、キャップの部分だけ見て、
何級用の精油か選択肢を絞ってみたり、
一度嗅いだら必ずどこかにおいて、自分が間違いやすい精油を認識したり、方法はいろいろあります。

私は、間違えた精油を試香紙に含ませて、
側に置いて過ごしていました。

一気に20種類もすると鼻も疲れるし、集中力もなくなります。
もしも私のように20種類一度にするのであれば、
このような理由も考えられますので、
間違いが多い場合は落ち込むのではなく、
自分が無理なく嗅ぎ分けられるくらいの本数にしたほうが
いいかもしれません(笑)

例えば、過去問題や予想問題にある選択肢の精油を嗅ぎ分けるならば、1問につき4本嗅げば良いですしね。
| アロマテラピー試験対策&勉強法 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | - | - |
コメント
コメントありがとうございます^^

好きなことなので、そんなに苦ではありませんよ。
後は結果を待つのみです・・・
* アロマ大好き♪
初めて書き込みさせていただきます。

アロマの試験も大変なのですね。
頑張ってくださいね。
* 横浜バランス整体
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://xn--cck9ftbv6.jugem.jp/trackback/110
トラックバック